クリーニングのお得なキャンペーン情報!

黄ばみやシミを落とすなら自宅で漂白&洗濯?それともクリーニング?

ワイシャツやポロシャツの襟もとの黄ばみ…

スカートのウェスト部分や裾にできてしまった黄ばみ…

どうやって落としていますか?

一番大事なことは、黄ばみを作らないことですが、洗濯やクリーニングをした後に保管していた洋服に黄ばみができることも多いので、できてしまった黄ばみの落とし方や黄ばみを作らない方法をご紹介します!

 

洋服に黄ばみを作らない方法

ウォークインクローゼット

頻繁に着用せずにクローゼットで保管しておくと、いざ着よう!と思ったときに黄ばみを発見したことが何回もあります。クローゼット内を定期的に掃除・除湿・換気をすることで少しは防ぐことができます。

また、洋服1着1着をあまり密着させないことも重要です。

 

頻繁に着用する洋服については黄ばみを作らない方法は簡単!

  1. 着用後に脇や襟元を手洗いしてから洗濯
  2. 定期的にクリーニングに出す
  3. 安価なものを選び定期的に買い直す

個人的には③は年齢的にもいいものを身に着けたいので、①と②を併用しながら、クローゼットで眠らせずに定期的に着用もしないと!と思います。

洗濯やクリーニング後に黄ばみやシミができるのはなぜ?

いくら丁寧に頻繁に洗濯をして、も繊維の中に入り込んだ皮脂やたんぱく質の2、3割は残ってしまいます。それが酸化して黄ばみが発生します。

クリーニングに出しても、クローゼットで保管していた洋服が黄ばんだりシミができてしまうのは、ドライクリーニングでは水溶性のたんぱく質の汚れを落としきれないからです。

 

洋服が黄ばんでしまう主な原因は…

  • 洗剤・石鹸が残ってしまい酸化
  • 皮脂の汚れが落ちきれず酸化
  • 湿気があるクローゼットで保管
  • 直射日光による日焼け

保管する環境も大事ですが、定期的に着用して洗濯やクリーニングに出すことも大事です。

 

それでは黄ばみの落とし方を、家にあるもので簡単にできるものからご紹介していきます。

台所用洗剤や重曹を使ってみる

まずは手軽にできる台所用洗剤を試してみてください。

  1. 黄ばみのある部分を濡らします。
  2. 洗剤を黄ばみの部分にそのまま垂らす。
  3. 歯ブラシでやさしくこする。
  4. 洗い流す。
  5. いつもどおり洗濯する。

 

この方法で落とせなかった場合は、重曹を試してみてください。

黄ばみの原因である皮脂は酸性なので、アルカリ性の重曹が有効です!

  1. 重曹にお湯を少しずつ加える。
  2. 黄ばみ部分を濡らしておく。
  3. 重曹がペースト状になったら黄ばみの部分につける。
  4. 5分~10分ほど置く。
  5. 歯ブラシでやさしくこする。
  6. 洗い流す。
  7. いつもどおり洗濯する。

重曹でたいていの黄ばみは落とせますが、これでも落ちない場合は漂白剤を試してみましょう。

素材などがデリケートな場合は、クリーニングへ!

ワイシャツの黄ばみ・黒ズミならワイシャツスッキリ!

ワイシャツの着用が多い方は、こちらのワイシャツスッキリを常備しておくのもおすすめです。

黄ばみや黒ずみはこすってもあまり落ちません。

さらに、こすることで繊維を傷めてしまうので注意が必要です。

こちらのワイシャツスッキリならつけおきして、軽く洗い流すだけでキレイになります。

 

\使い方やビフォーアフターはこちら/

ワイシャツスッキリPV 泥スッキリ本舗yshirtpv

血液や子どものトイレ失敗汚れはリネンナ!

こちらもワイシャツスッキリ同様につけ置き洗剤です。

ただ、赤ちゃんの衣類にも使えて、人間の体から出る汚れに対してとても有効です。

数時間つけ置きして、そのつけ置いた水ごと洗濯に入れます。

洗濯機内や配管などもキレイにしてくれます。

漂白剤を使う

漂白剤を使えば簡単に白くすることができますが、漂白剤にも種類があって使い方を間違ってしまうと色落ちしたり洋服を傷めてしまうことがあるので注意です。

漂白剤の種類は大きく分けて次の3つです。

  • 酸素系漂白剤(液体)
  • 酸素系漂白剤(粉末)
  • 塩素系漂白剤

 

それぞれの特徴を簡単にまとめました。

漂白剤の種類 漂白力 対応素材
酸素系漂白剤(液体) ふつう 多い
酸素系漂白剤(粉末) 強い ウールやシルクはNG
塩素系漂白剤 非常に強い 白以外NG

 

■洗濯機で漂白する場合

洗濯機の液体洗剤を入れるところに、洗濯洗剤と漂白剤を一緒にいれて洗濯。

洗濯が終わったらすぐに干すだけ!

 

この方法で取れない場合は次のように先につけ置きをしてみます。

■つけ置きで漂白する場合

ぬるま湯(40℃前後)に酸素系漂白剤を入れてしっかり混ぜます。

汚れを落としたい洋服を入れて10~30分程度つけ置きします。

(つけ置き時間が長すぎると繊維を傷めることがあるので時間には注意。)

時間になったら、漂白部分を洗い流してからいつものように洗濯機で洗濯します。

塩素系と酸素系の漂白剤を混ぜて使用しないこと!!

有毒なガスが発生するので注意しましょう。また、手荒れや臭いが気になる場合は、ゴム手袋を着用して換気できる場所で使用するようにしましょう。

『黄ばみ』に対する悩み(口コミ)と解決策まとめ

分かります!!

私も自分の手に負えない汚れがついた洋服は泣く泣く捨ててきました…

 

しかし!!

どうしても諦められない洋服の場合は、クリーニングに!

でも、クリーニングに出しても落とせなかった場合はどうしたらいい?

それなら『中根クリーニングラボ』という宅配クリーニングに出しましょう!!

黄ばみやシミを落としたいなら中根クリーニングラボ!

  • 家で漂白剤を使ったけどとれなかった
  • 素材がデリケートで漂白剤を使えない
  • 他店に出してみたけどとれなかった

捨てられない大切な洋服は中根クリーニングラボにお願いしています。

 

以下は、私が今まで中根クリーニングラボでクリーニングしてもらった洋服の一部です。

(写真左:ビフォー、写真右:アフター)

黄ばみのビフォーアフター

黄ばみのビフォーアフター 黄ばみのビフォーアフター

黄ばみのビフォーアフター

他にもカビが大量についた洋服や全体が黄ばんでしまったポロシャツなどがとてもキレイになって戻ってきました!

皮脂の汚れは酸性なので、反対のアルカリ性の重曹が有効です!

\ビフォーアフターや料金を詳しく/

中根クリーニングラボのビフォーアフター写真・各料金まとめ!

公式 中根クリーニングLabo

黄ばみやシミの落とし方まとめ

まずは黄ばみやシミを作らないこと!

さらに黄ばみを蓄積させないこと!

  • 洗濯前に皮脂が多くついた襟元や脇部分を手洗いする。
  • クローゼット内を清潔に湿気にも気をつける。
  • 定期的にクリーニングも利用する。

 

それでも黄ばみができてしまったら…

  • 台所用洗剤や重曹を使っ黄ばみ部分を歯ブラシで洗う
  • 漂白剤を使用する(洗濯機やつけ置き)
  • クリーニングにだしてみる

クリーニングに出しても落ちないということもあるので、時間やお金を無駄にしないように、いざというときに頼れるクリーニング屋さんをみつけておくことも大事です。

 

上記をためしたけど落ちなかったら…

中根クリーニングラボを試してみてください!

 

わたしは、子どもの洋服はリネンナでつけ置きすることが多いです。

真っ白な洋服は自宅で漂白剤を使うこともあります。

ただ、素材や白以外の洋服、色がたくさん使われた洋服への漂白剤の使用は難しく失敗してしまったこともあります。最近はそのような洋服はさいしょから中根クリーニングラボにお願いするようにしています。

 

【中根クリーニングLabo】の宅配クリーニング

この方法で落とせなかった場合は、重曹を試してみてください。

皮脂の汚れは酸性なので、反対のアルカリ性の重曹が有効です!

  1. 重曹にお湯を少しずつ加える。
  2. 黄ばみ部分を濡らしておく。
  3. 重曹がペースト状になったら黄ばみの部分につける。
  4. 5分~10分ほど置く。
  5. 歯ブラシでやさしくこする。
  6. 洗い流す。
  7. いつもどおり洗濯する。

 

 

ワイシャツの黄ばみ・黒ズミならワイシャツスッキリ!

黄ばみや黒ずみはこすってもあまり落ちません。

さらに、こすることで繊維を傷めてしまうので注意が必要です。

こちらのワイシャツスッキリならつけおきして、軽く洗い流すだけでキレイになります。

 

\使い方やビフォーアフターはこちら/

ワイシャツスッキリPV 泥スッキリ本舗yshirtpv

血液や子どものトイレ失敗汚れはリネンナ!

こちらもつけ置き洗剤です。

人間の体から出る汚れに対してとても有効で数時間つけ置きして、そのつけ置いた水ごと洗濯に入れます。

洗濯機内や配管などもキレイにしてくれます。

漂白剤を使う

漂白剤を使えば簡単に白くすることができますが、漂白剤にも種類があって使い方を間違ってしまうと色落ちしたり洋服を傷めてしまうことがあるので注意です。

漂白剤の種類は大きく分けて次の3つです。

  • 酸素系漂白剤(液体)
  • 酸素系漂白剤(粉末)
  • 塩素系漂白剤

 

それぞれの特徴を簡単にまとめました。

漂白剤の種類 漂白力 対応素材
酸素系漂白剤(液体) ふつう 多い
酸素系漂白剤(粉末) 強い ウールやシルクはNG
塩素系漂白剤 非常に強い 白以外NG

 

■洗濯機で漂白する場合

洗濯機の液体洗剤を入れるところに、洗濯洗剤と漂白剤を一緒にいれて洗濯。

洗濯が終わったらすぐに干すだけ!

 

この方法で取れない場合は次のように先につけ置きをしてみます。

■つけ置きで漂白する場合

ぬるま湯(40℃前後)に酸素系漂白剤を入れてしっかり混ぜます。

汚れを落としたい洋服を入れて30分程度つけ置きします。

(つけ置き時間が長すぎると繊維を傷めることがあるので時間には注意。)

時間になったらいつもの洗濯物と一緒に洗濯機で洗濯します。

塩素系と酸素系の漂白剤を混ぜて使用しないこと!!

有毒なガスが発生するので注意しましょう。また、手荒れや臭いが気になる場合は、ゴム手袋を着用して換気できる場所で使用するようにしましょう。

『黄ばみ』に対する悩み(口コミ)と解決策まとめ

分かります!!

私も自分の手に負えない汚れがついた洋服は泣く泣く捨ててきました…

 

しかし!!

どうしても諦められない洋服の場合は、クリーニングに!

でも、クリーニングに出しても落とせなかった場合はどうしたらいい?

それなら『中根クリーニングラボ』という宅配クリーニングに出しましょう!!

黄ばみやシミを落としたいなら中根クリーニングラボ!

  • 家で漂白剤を使ったけどとれなかった
  • 素材がデリケートで漂白剤を使えない
  • 他店に出してみたけどとれなかった

捨てられない大切な洋服は中根クリーニングラボにお願いしています。

 

以下は、私が今まで中根クリーニングラボでクリーニングしてもらった洋服の一部です。

(写真左:ビフォー、写真右:アフター)

黄ばみのビフォーアフター

黄ばみのビフォーアフター 黄ばみのビフォーアフター

黄ばみのビフォーアフター

他にもカビが大量についた洋服や全体が黄ばんでしまったポロシャツなどがとてもキレイになって戻ってきました!

 

\ビフォーアフターや料金を詳しく/

中根クリーニングラボのビフォーアフター写真・各料金まとめ!

公式 中根クリーニングLabo

黄ばみやシミの落とし方まとめ

まずは黄ばみやシミを作らないこと!

さらに黄ばみを蓄積させないこと!

  • 洗濯前に皮脂が多くついた襟元や脇部分を手洗いする。
  • クローゼット内を清潔に湿気にも気をつける。
  • 定期的にクリーニングも利用する。

 

それでも黄ばみができてしまったら…

  • 台所用洗剤や重曹を使っ黄ばみ部分を歯ブラシで洗う
  • 漂白剤を使用する(洗濯機やつけ置き)
  • クリーニングにだしてみる

クリーニングに出しても落ちないということもあるので、時間やお金を無駄にしないように、いざというときに頼れるクリーニング屋さんをみつけておくことも大事です。

 

上記をためしたけど落ちなかったら…

中根クリーニングラボを試してみてください!

 

わたしは、子どもの洋服はリネンナでつけ置きすることが多いです。

真っ白な洋服は自宅で漂白剤を使うこともあります。

ただ、素材や白以外の洋服、色がたくさん使われた洋服への漂白剤の使用は難しく失敗してしまったこともあります。最近はそのような洋服はさいしょから中根クリーニングラボにお願いするようにしています。

 

【中根クリーニングLabo】の宅配クリーニング
タイトルとURLをコピーしました